MITSUKURA KENSETSU

お問い合わせ・エントリー プライバシーポリシー

新着情報News


現場でのコロナ対応

しばらく自粛していましたが一部現場を始動しています。

三倉建設ではこの度のコロナ対応として写真の通り、

フェイスガード・マスク・レインウエア・ゴム手袋・長靴を着用して下水道管渠での作業を行っています。

フェイスガードがちょっとわかりずらいけどよく見れば顔をガードしています。

マスクについては1日1枚支給しています。

また現場では管渠に入る場合、換気を十分に行っています。

また、 東京都下水道局は「WHO(世界保健機関)は「感染者の糞便から新型コロナウイルスに感染するリスクは低い」と公表しており、下水からの感染リスクは低いものと考えています。」とホームページに掲載しています。

ただこれから夏に向かい熱中症との兼ね合いも出てくるのでさらなる対応を考える必要がありそうです。