MITSUKURA KENSETSU

お問い合わせ・エントリー プライバシーポリシー

新着情報News


新しい現場

「志村ポンプ所前分水人孔改造工事」
これはポンプ所への下水の流入量調整のため人孔(マンホール)内を改造する工事です。

といっても専門化でもなければ簡単に理解できないでしょう。

まず、ポンプ所とは?から。

下水道管には、下水が自然に流れる(自然流下)ように傾斜がつけられています。
そのため、下水道管は、徐々に地中深くになっていきます。
相当の深さになると、下水道管を設置することが困難になるので、
ポンプで下水を地表近くまでくみ上げ、再び自然流下させます。
ポンプ所は、この下水をくみ上げる役割を担っています。
このようにして、下水道管に集められた下水は、ポンプ所を中継して、水再生センターに送られます。
また、大雨の時など、下水道管に流れ込んだ雨水を速やかに川や海に放流し、
浸水を防ぐのもポンプ所の大切な役割です。(都下水道局ホームページより)

今回の工事は、このポンプ所への流入量が少なくなっていて適正に稼動しなくなる可能性があることからポンプ所が十分に機能するよう人孔(マンホール)内に堰(せき)をつくり流量の調整ができるようにするというものです。

三倉建設㈱では始めて手がける工事です。
工事部長をはじめとし精鋭のスタッフで現場を管理していきます。